歴史

アメリカ合衆国

パクス・アメリカーナ

20世紀に入ってから、アメリカ合衆国は飛躍しました。イギリスを追い抜いて世界の工場の地位を得て、世界最強の軍事国家に成長しました。しかし、いまだに無視できないほどの矛盾を抱えた国でもあります。歴史はどのような審判をくだすのでしょうか。
アメリカ合衆国

フロンティアの消滅

先住民の必死の抵抗も、もはや手遅れといえる状況でした。早くから植民者と戦い、馬と銃器を手にしてきたアパッチ族も、インディアン対策に慣れた合衆国軍相手には、容易には勝利を掴むことができなくなっていました。ついに1890年、フロンティア消滅が宣言されました。
アメリカ合衆国

大陸横断鉄道と大平原

南北戦争後のアメリカは、大きな変化を遂げようとしていました。大陸を横切る路線が完成し、未開拓の土地は次々と征服されていきました。19世紀前半までは先住民にてこずった合衆国も、この時代には対抗手段を身につけつつありました。
アメリカ合衆国

南北戦争

米英戦争後、欧州の外交に関与するのを避け、アメリカは静かに発展していきました。先住民を武力で鎮圧しつつ、北部は工業で、南部は農業で経済力を伸ばしていきました。しかし、南北の経済対立が、アメリカ史上最悪の戦争へと発展します。
アメリカ合衆国

東部インディアンの英雄と、抵抗の終わり

19世紀に入ると、合衆国は先住民に対して更なる圧力をかけてきます。ジェファーソンに始まる強制移住と同化政策によって、先住民の抵抗運動は次々と打ち崩されていきました。そんな中、テカムセ、オセオーラといった英雄も活躍しましたが、多くの人々がオクラホマへの強制移住を余儀なくされました。
アメリカ合衆国

アメリカ合衆国の成立

フレンチ・インディアン戦争を経て、百五十年に渡って続いてきた植民地の均衡が崩れました。本国の課税に抵抗した植民地は、ついに独立を果たします。しかしそれは、先住民にとっては、直接に恨みを知る植民者からの容赦ない搾取と虐殺の始まりとなりました。
アメリカ合衆国

東部植民地の成立と、先住民の抵抗

16世紀末に北米に渡ったイギリス人は、現地の先住民と争いながら勢力を広げていきました。先住民の側でも英仏といった西欧勢力と手を結ぶことがありました。入植者と先住民は交易と紛争を繰り返しながら、互いに憎悪を募らせ続けていきました。
アメリカ合衆国

よくあるアメリカの歴史と、先史時代

アメリカの歴史について、いくつかに分けて記述していきます。まずはアメリカ合衆国の簡単な通史と、通史以前のアメリカについての簡単な説明を書きました。長い間、アメリカ大陸の先住民は孤立していました。それは大航海時代をもって終わりを告げます。
ハワイ

ハワイ人、19世紀の受難

カメハメハ1世の栄光は、すぐに失われていきました。最初、西欧人から利益を得ていたはずのハワイ人も、さまざまなものを失っていきます。古来の宗教、言語、農地、そして人命までも……危機感をもったカメハメハ3世は改革に乗り出しますが、それはあまりに困難でした。
ハワイ

ポリネシア人のハワイ到達と孤立

太古の静寂を破って最初にハワイの地を踏んだのは、ポリネシア人でした。彼らはどこからやってきたのでしょうか。そしてまた、太平洋の孤島に辿り着くほどの航海技術をもちながら、なぜ孤立していたのでしょうか。ある程度のことはわかっていますが、まだ多くの謎が残されています。
タイトルとURLをコピーしました